こんにちは!愛知県で創業から30年以上にわたり、アルミ・パイプの加工や組み付け作業などに携わっております、株式会社二村工業所です。
純度が99%以上のアルミは、軽量で導電性、熱伝導性、耐食性に優れています。
しかし、強度が低く粘り気があるため、他の化合物を加えアルミの長所を保ちつつ、強度を高める合金がつくられているのです。
そこで今回は、アルミニウム合金のメリット・デメリットをご紹介します。

アルミニウム合金とは


アルミニウム合金は、アルミにさまざまな金属の性質を加えた合金です。
例えば、アルミに銅を加えた合金は、鋼材に匹敵する強度があります。
マンガンを含む合金は、アルミの加工性や耐食性を維持しつつ、強度を高めます。
シリコンを加えた合金は、熱に強く耐摩耗性が高まり、マグネシウムを含む合金は耐食性・強度・加工性が良く、用途が広範囲です。
シリコンとマグネシウムを含む合金は、強度と耐食性に優れています。
また、亜鉛とマグネシウムを含んだ合金は、最も強度に優れた材質といえます。
このように、アルミニウム合金には、さまざまな性質があるのです。

アルミニウム合金のメリット

アルミニウム合金のメリットは、軽量で比強度が高い点です。
表面処理を施したアルミは、美しくなり、硬度や防食効果も向上するため、デザイン性が求められる分野に最適の材料です。
また、無害無臭かつ衛生的なため、食品や医薬品の包装、医療機器などで使われています。
真空特性が良く低温に強いアルミは、液体貯蔵タンク、高真空ポンプや配管、理化学実験装置などに活用されています。
また、アルミは加工性に優れ、融点が低く酸化しにくいため、リサイクル性が高いです。
再生品の品質も新品と変わらないので、経済的な材料といえるでしょう。

アルミニウム合金のデメリット

アルミニウム合金のデメリットは、強度や耐久面が劣る点です。
融点が低いアルミは、適切な入熱管理をしなければ、美しい仕上がりの溶接ができません。
また、アルミニウム合金は、軟鋼と比較すると材料費が高い素材です。
しかし、見た目や性能、環境を総合的に考慮すると、最適な価格といえます。

二村工業所へご相談ください!


ご自宅や会社の建物を、アルミ製品で美しくリニューアルしませんか。
アルミニウム合金は、アルミ本来の特性を保ちつつ優れた性質を備えており、建物材料にも多く使われています。
弊社は、高浜市を拠点に名古屋市などでパイプ曲げ加工や、アルミ加工、金属加工を承っております!
豊富な施工経験から最適な素材を選択し、高品質な施工をご提供いたしますので、安心してお任せください。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。


株式会社二村工業所
〒444-1323  愛知県高浜市田戸町6-6-12
TEL:0566-52-1130    FAX:0566-52-0067
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・
ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する
弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする